ICT支援室

学校事務処理システムの サポート

高等学校には、授業料や校納金、また特別支援学校には、就学奨励費など、独自の事務処理があります。

そのため、宮崎県では事務組織とソフト会社が協力して事務処理システム「School PRO」を開発し、30年以上にわたって使われています。

NPOMESCの会員には事務職OBも多く、そのサポートにあたっています。

「School PRO」には、一般と会計の2システムがあります。

システムの内容

生徒:各種証明書の発行、クラス名簿作成、タックシール印刷、生徒異動(休学、転学、退学など)、卒業証書授与台帳などを処理します。

文書:公文書の収受、配布先、出張一覧、回答期限一覧、文書件名簿印刷など、日々、入力します。

職員:職員台帳、扶養台帳、児童手当、出勤簿・休暇処理簿印刷などがあります。特に児童手当は効率的に事務処理ができます。

授業料:授業料は他の校納金とともに口座振替となっており、金融機関との連携が必須です。現金の取り扱いや公金振替(就学支援金)もあり、その処理に欠かせないシステムです。

会計:校納金(PTA会費、生徒会費、進路充実費、学級費、副教材費など)の収支管理に使います。予算書、支出調書、金銭出納簿、予算整理簿、決算書(収支計算書)などを管理、印刷します。

初心者用マニュアル、ヘルプデスク、現場サポート、地区別研修会などが準備され、毎年、4、5月には県内巡回サポートも行っております。

システムメンテナンス(インストール、バージョンアップ、データコンバートなど)に加えて、操作説明や要望等もお聞きしますので、ぜひ、ご活用ください。

NPOMESC独自開発

個人徴収金管理システムを提供

副教材費、実習費、模試・検定費、学級費の管理などお困りではありませんか?

  • エクセルや桐表で管理しているが、担当者が変わると内容がわからずパニック状態
  • 生徒ごとに教材選択や単価が違い、入力、端数処理、確認に手間取る
  • 現金取り扱いが多く、銀行業務、袋詰め、保管、紛失リスクで頭を悩ませている
  • 精算書は別に印刷。転退学もあり、残額返金の精算処理に時間がかかる
  • 学科ごと、教科ごと、学年ごとに担当者が異なり、教員の負担や全体の把握ができない
  • 校内販売もあるが、教員、業者任せで、生徒、保護者の都合もあり、混乱することがある
  • 個人情報のセキュリティやアカウンタビリティが万全か心配

PCMS (Personal collection management system)とは

特 徴

  • アプリケーションソフト不要
  • 初心者でもわかりやすいメニュー
  • 学年、学科、クラスごとに一括管理
  • 入力の煩雑さを解消する一括置換機能
  • 多様な検索、抽出、集計
  • 各種帳票の編集(文言修正など)
  • 情報漏洩やデータ破損のセキュリティ対策
  • 返金の銀行一括振込データを作成
    (地元金融機関と確認済み)

他のソフトとの比較表(PDF)

お問い合わせフォーム